星空のメモリア

 

LINK

星空のメモリア (FAVORITE) DVD-ROM版

昔ながらの坂や小道の多い、北の港街――雲雀ヶ崎。夜空は澄み、満天の星々は都会では決して見ることが叶わない。それは星の神話に彩られた、幻想的な舞台。そんな街で死神少女がその大きな鎌で刈るのは命ではなく、「悪夢」。ヒロインたちの悩みを解消し、困難を乗り越え、恋を育んでいく物語の途中では、いつも死神少女が主人公の背中を押してくれる。数年ぶりに雲雀ヶ崎に帰って来た洋は、子供の頃の引越しで離れ離れとなった幼なじみとそっくりな少女と出会う。小さな背に不釣合いな大きな鎌を持ち、自分のことを死神と呼ぶその少女――メアは、幼なじみと同じく星が好きらしく、この街で一番星がきれいに見える展望台に、満天の星空が広がる夜になると現われるのだった。幼なじみの影響で星に興味を持っていた洋は、展望台でいつもぽつんと立っている死神の少女に会いに行くと、決まって一緒に夜空の星々を見上げていた。幼なじみと再会できぬまま、幼なじみと再会の約束を交わしたその場所で、メアとふたりで七夕の織姫と彦星に思いを馳せていた。そして、そんな奇妙ででこぼこなふたり組みに、天クルの仲間も加わるようになっていく。洋が転入した雲雀ヶ崎学園には、天体観測を主に活動とする天クルという名のサークルがあった。だが天クルは現在、部員数がひとり足りないために正式な部活として認知されず、屋上の使用許可をもらえずにまともな活動ができていなかった。明日歩に誘われて天クルに入部した洋は、まずは天クルをれっきとした部活に格上げするために、中間たちと奔走することになる。妹の千波や死神少女のメアまで声をかけるが、誘惑は思うように進まない。そして最後の望みをかけ、星占いが趣味らしい衣鈴に入部してもらうため、天クルはある作戦に乗り出すのだった。